恋愛相談の部屋 ホーム  危険な恋編 同性

同性

『同性愛』というものは、近頃とてもオープンになり、バイセクシャル・レズビアン・ゲイ・ホモなどの同性愛者が比較的カミングアウトしやすい現代にはなってきました。とは言え、今でも『同性愛者はちょっと……』という目が無くなることはなく、ノンケの相手にはなかなか告白出来なかったり、同性愛者のカップルが肩身の狭い思いをすることは今でも有ると言われています。

日本での同性婚は、未だ認められていません。日本国内の同性愛者カップルは、その実態を明かせずにひっそりと過ごしているそうです。それが暗黙のルールでもあり、オープンにさらけ出すことをあまり良しとしません。

そして、ノンケの相手を好きになった場合、悲しい恋に終わってしまうパターンがほとんどです。想いが叶わず『自分が男(女)に生まれてくれば良かったのに』と嘆く人や、ノンケに対する恐怖心が募ってしまう人や、『人間自体怖い』と感じてしまう人も居るようです。

しかし、理解者は必ず存在します。インターネットでも探すことが出来ますし、セクシャルマイノリティパーティーも開かれることが有り、日本にもたくさんの同性愛者が居ます。そのような人と交流の輪を広げたり、理解しあえるパートナーを探したりと、今では同性愛者なりのコミュニティもたくさんあり、間口が広がりつつあります。これを機会に、交流の場を求めてみるのも良いかもしれません。