恋愛相談の部屋 ホーム  カップル編 結婚の悩み

結婚の悩み

恋人同士がいざ結婚をするとなった時に、『結婚をして自由が奪われるのではないか』という疑問や、『絶対にこれをやらなきゃいけないのではないか(家事・労働などの義務)』という偏った考え方に囚われている内は、結婚生活はうまくいかないかもしれません。

『心の自由が無くなる』という考え方ではなく、『この人を生活のパートナーとして考える』という考え方が出来れば、それに越したことはありません。そして、心の自由を守るのは自分自身です。自由の定義を問うと人それぞれではありますが、ここで言う自由というのは秩序の中で守られた自由を指します。

愛する人が傍に居て、幸せな家庭を育む為にお互いが協力をし合い、時々は一人の時間を設けて自由に過ごす。これこそが、本来あるべき自由の姿なのではないでしょうか。『自由』とは、与えられた秩序の中でこそ生きるものです。結婚という秩序の中で支え合いながらも、お互いの心の自由を尊重し合える関係を目指していきましょう。

そして、『家事は必ず女性が、労働は必ず男性がやらなければいけない』という考え方をしている内は、協力し合うことが出来ません。時には男性が家事を手伝うことも有れば、女性が家計を助けることが有っても良いのではないでしょうか。固定概念に囚われることは、お互いの心にフラストレーションを生みます。

常にお互いに義務を強要するのではなく、常に『支え合おう』という意識で動いていれば、心の自由は守られ、義務に縛られることもありません。すべては気の持ちようなのです。

歯科衛生士採用ページ 。岐阜市北島 りお歯科クリニック
http://www.rio-dc.com/sd/eiseishi

パナルジン
パナルジンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!